役員コメント

NaganSan_104x106_New 長野守 Chairman - Metatechno Lanka Company (Pvt.) Ltd

メタテクノランカは2001年、まだスリランカが内戦のさなかに設立され、スリランカの優秀な学生の受け入れ先としても大いに機能を果たしました。同時に、彼らへの日本語教育やIT教育を行い、日本とのIT人材の交流を通じてスリランカのITビジネスへの発展へ貢献してきました。
設立来20年弱の間に、同国の内戦も終結し政治的にも安定し、経済的な成長も伴いスリランカは驚くほどの発展を遂げてきました。この間、メタテクノランカもいくつかの変貌を遂げてきました。設立当初は、スリランカから日本への一方通行だった人材や体制構築も、徐々にではありあますが、帰国者を元にスリランカでの開発受託という形で、メタテクノランカ自体の体制基盤の確立ができました。
昨今では、いわゆるローカルビジネスとしてスリランカ国内のIT開発を単独で実施できるようになってきました。その技術ドメインは、親会社であるメタテクノのそれを超えるものが少なくありません。具体的には、スリランカでの有数の電力企業や大学のシステム構築を任されるまでに成長してきました。これもひとえに、メタテクノランカに働く人材と彼らの志がなせる技であり、今後の当社の発展を支える基盤であります。
メタテクノランカは、メタテクノとの連携ビジネスに加え、日本を含む国外からのダイレクトな開発受託、ローカルビジネスの三本の軸を確固たるものとして、発展を遂げていく所存です。皆様の、更なるご支援を賜りますようお願い申し上げます。

kazuyuki--ikura_03 生倉和幸 Director - Metatechno Lanka Company (Pvt.) Ltd

当社は、日本のソフトウェア開発会社で、日本有数のビジネス都市である神奈川県川崎市に本拠を構えています。1984年の創業以来、プリンタなどの制御ソフトウェア、画像処理、通信処理などの強みを生かし、順調にその業務を広げてきました。また、2001年には「スリランカ国内の優秀な人材を技術者として採用・教育し、日本で活用することで、日本の技術者不足に貢献するとともに、スリランカに技術を継承する」という使命のもと、子会社メタテクノランカを設立し、14年を経てメタテクノランカに戻った社員は48人を数え、一定の成果を出すことができたと感じております。
一方で、これまで、スリランカに継承した技術、すなわちメタテクノランカを活用して日本のビジネスを拡大するという点においては、なかなか成果をあげることができませんでした。理由はいくつか考えられるのですが、その中の一つとして独立性に対する意識が強すぎ、メタテクノグループとしての一体感に欠けていたことが挙げられます。
このような状況を打破すべく、当社内に海外事業推進部を設立し、グループ全体の更なる品質・生産性の向上に取り組むことで、日本の顧客からのビジネス獲得に努めるとともに、スリランカ・日本それぞれのマーケットに向けた営業活動を進めております。
今後は更に展開を推し進め、メタテクノグループ一丸となって、スリランカと日本が、アジアを含めた世界市場をターゲットとしたITビジネスのハブとなれるよう尽力してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

wada 和田圭司 Director - Metatechno Lanka Company (Pvt.) Ltd

スリランカ人はとても真面目で、また国の教育水準は非常に高いレベルにあります。メタテクノランカではその教育レベルの高い中でも一流大学を卒業したエンジニアを採用してきました。社員の多くは日本で3~8年の開発を経験しており、日本語による日常のコミュニケーションは全く問題のないレベルです。また英語でのコミュニケーションは日本語以上に得意としており、現地語であるシンハラ語はもちろん英語・日本語を使用した開発を行うことができます。

業務実績としては、組込ソフト開発、デバイスドライバ、POSシステム、Webアプリケーション、スマートフォンアプリ、車載関連検証と多岐に渡り、主に日本からの受託開発を行っております。また以前よりNFCを使用した研究開発も行っており、その分野における業務開拓も目指しています。

スリランカのIT業界では、インドと並び優れたIT技術者やIT企業が数多く存在しています。そのスリランカにてメタテクノランカをオフショア開発センターとして発展させていくとともに、新しい技術を取り入れた製品開発で世界のお客様にご満足いただけますよう努力してまいります。